ロゴ

マークシートを取り入れればスピーディーにチェックが可能

マークシートを採用したいなら専門業者に依頼しよう

筆記用具

単純作業は自動化で対処

アンケートの集計や試験の採点作業は人間が1枚ずつ赤を入れていきます。アンケートや回答項目は共通の内容になります。しかし、それらを人間が採点することは、50人以下でなら効率の良い作業になります。しかし、100人以上になると1人の人間では賄える物ではありません。そこで、回答フォーマットをマークシートに設定します。アンケートや試験内容もマークシートで回答できる形式で作成します。それらを準備することで、採点作業もしくか集計作業を自動化することができます。コンピュータの進歩により、人間が行うより正確に回答項目の集計や試験内容の採点からアンケート結果を表す帳票の作成や試験の合否の判定を迅速に行うことができます。その結果、マークシートを導入することで、業務効率の効率につながります。

社内

集計作業を効率化する方法

マークシートを導入することで煩雑な集計作業の効率を上げることがあります。アンケートの集計作業にマークシートを導入することで人件費や固定費を削減することができます。手作業でアンケートを集計しようとすると、回答項目ごとに結果を書き出すための人間の手配が必要になります。作業するための机や文房具を準備し、作業するためのスペースを手配しなければいけません。また、集計結果が正確であることを担保するには集計作業を2回行う必要があります。そして、印刷媒体で掲載するためのデータ作成の作業も発生します。しかし、マークシートを導入することで集計するための人員を手配する必要性はなくなります。その上で作業するための文房具や机、スペースの確保も必要なくなります。はじめからデータ化されているので再チェックをしなくても正確なデータになります。印刷媒体にはそのままで渡せば作業終了になります。